トップ  サイトマップ  お問い合わせ 

死角の資格とは

・希少価値≒市場価値
・死角の資格の種類

広告スペース

・バナー募集
・バナー募集
・バナー募集

希少価値の高い資格を目指そう

資格には様々な種類があります。運転免許は国家資格ですが、皆が持っているため現在では当たり前の資格と扱われています。

TOEICなどは今でも莫大な人気を誇る有名資格ですが、ある程度の点数まで取らないともはや意味があるとは言えないでしょう。

取得者が多いということは希少価値があまりないということになるので、市場ではあまり価値を問われないのです。

それでは、ここはいっそあまり取得者のいない資格を目指してみるというのはどうでしょうか。

死角と言える資格にはどんなものがあるか

たとえば、キッチンスペシャリストは難易度は低めなものですが、キッチン空間の専門家として多様なニーズに応えられるようになれば、キッチンの設計や施工、販売の分野で大きな存在感を示すことができます。

キッチンスペシャリストの受験者は2000人に届かず、合格率は3割程度です。

その他、きものコンサルタントなどもあります。

これは文部科学省と経済産業省が認可する全日本きものコンサルタント教会認定の資格です。

取得すれば、きものコンサルタントとして着物の伝統的な良さをより日本に広めてゆく担い手として重宝されることになるでしょう。

※著者独自の視点から見た感想として書いていますので、実際の市場価値と合致するかは判断いたしかねます。その点をご注意のもとお読みください。